彼のハンカチ。

私は、高鳴る心臓の音が周りに聞こえてしまうんじゃないかと思うくらいにドキドキしていました。

 

冷や汗と、コーヒーカップを持つ震える手。

 

 

夕方、よく行く街のカフェ。

 

 

そこには、元カレの姿がありました。

 

 

仕事終わりのようで、窓際に座り、コーヒーを飲んでいました。

 

カフェ


 

元カレとは、3年ほど前に別れていました。

別れを告げたのは私です。

 

付き合って、1年くらいはとても順調でした。お互いの両親にもあいさつに行ったり、週に2・3回は会って、お出かけをしたり、一緒に家でテレビを見て笑いあったりと楽しい時間を過ごしていました。

 

別れのきっかけは、彼の公務員試験勉強。

仕事はもともと公務員だったのですが、「さらに上のレベルを目指したい」と難しい試験にチャレンジしていました。

 

彼の頑張りはすごかったです。

電車の中でも、単語帳を開き、新聞をとって記事をスクラップし、面接の練習も一緒に何度も行いました。

 

試験は無事合格。とてもうれしかった。

 

でも、「合格したら、一緒に住もう」と言ってくれていたのに、全く言われなくなりました。

今になって考えてみれば、きっと今までの勉強が大変で羽を延ばしたい期間だったんでしょうね。

 

そんなこと、当時の私は考える余裕がありませんでした。

不安になって、耐え切れずに自分から別れを告げてしまいました。

 急な別れに、彼はびっくりしていたけど、その時の私は、不安から逃れられたようですっきりしたんです。

 

でも、時間がたつごとに、つらくなっていきました。それから、ずっと3年間後悔してきました。

 

 

少し経って、彼に新しい彼女ができたのも知っていたし、彼はとても彼女を大事にする人なので、もう私にはチャンスがないことはわかっていました。

 

2年間とても大事にしてくれていたのだから、悲しいけど、余計に彼の考えが変わらないことはわかるんです。

 

 

でも、誰のことも好きになれず、新しい彼ができても、結局数か月で別れてしまうくらいにその元カレのことが好きでした。3年間、私は、泣いてばかりいました。

雨 涙

 

「彼に声をかけようか」

カフェで私は悩みました。

 

「どうしよう」「今さら何を言っても、意味がないんじゃないか」「彼には迷惑なだけじゃないか」「後から自分が傷つくだけじゃないか」「私、うまく伝えられる?」

 

震える手を擦りながら、あらゆる感情や思い出が頭を駆け巡りました。

 

 

でも、ひとつ強く思ったことがありました。

「今を逃したら、もう一生彼に思いを伝えられないかもしれない、後悔したくない。」

 

 

飛び出そうな心臓を抱えて、私は彼に話しかけました。

「久しぶり、ねぇ、少しの時間だけ話を聞いてもらってもいい?」

 

彼はびっくりしていましたが、カフェの隅っこでなんとか話を聞いてくれました。

 

 

今までのこと、謝りたかったこと、ずっと好きだったこと、でも彼が彼女を大事にしてるのもちゃんとわかっていること、話すうちに涙があふれて、仕方ありませんでした。

 

あまりひとけのないところではあったけど、それでも、そんな人見かけたらびっくりしますよね…。でも、私にはもうそんなことどうでもよかったです。

 

伝えたかった3年分の思いがあふれ出して、止らなくなっていました。

 

 

ふと、彼がハンカチを差し出してくれました。

 

付き合っていた時、彼はいつも4・5枚持っていたポールスミスのハンカチを自慢していました。

「俺は、ポールスミスのハンカチを1週間分(7枚)揃えるんだ!」と宣言して、「何それ」と笑いあっていたのを思い出しました。

 

 

「これ、ポールスミス?」

 

 

顔をあげ、私は不意に聞きました。

彼の目は赤くなっていて、少し泣いていたんだと気が付きました。

 

 

「いや、今はそうじゃないのもある。」

 

 

と言って、少し笑いました。

私も少し笑いました。

 

その時、3年前の2人が、そこにいるような気がしました。

 

花

 

涙を拭いたハンカチは、彼に返しました。

私が洗って返すことはできないのだから。

 

 

別れ際、私は「今までありがとう」と手を差し出しました。

彼との握手は、懐かしい手の大きさでした。

 

 

私が店を出るとき、「またね。」彼が言いました。

振り返ってうなづきました。

 

「またね。」なんて嘘なくせに。

でも、彼からもらうものなら何でも受け取りたかった。

 

 

 

それから、また3年が経ちました。

彼とは一度も会っていません。

彼は結婚したと、遠いうわさで聞きました。

 

泣いてばかりいた私も、だいぶ落ち着いて、少しは前を向けるようになりました。

 

あの時、とても迷ったけど、かっこ悪くて迷惑で、どうしようもない女の子だったけど、彼に話しかけたことに後悔はないです。

 

 

こんな風にあの時のことを思い出すと、ブログに書いてみると、今もまだ涙がこみ上げてきます。

 

人にとっては、良くあるただの陳腐なセンチメンタリズムかもしれません。でも、書くことは昇華すること。

 人の人生なんて、そんなもの(人からしたら陳腐な、でも大事な場面の一つ一つ)で出来上がっているのかもしれません。

 

決断が「正しい」かどうかなんて、そんなことはどうでもいいことです。

人生はいくつもの決断の上に成り立っているから、私は今も、あの時の震えながら彼に話しかけた自分にエールを送りたいです。 

 

 

【心理テクニック】彼女や彼(人)を、思い通りに動かす『レッテルを貼る』方法

彼女や彼にこうしてほしいな、と思うことがあった時、どうしますか?

 

そんな時、【レッテルを貼る】というのは効果的です。

 

 

直接要望を言わなくても、相手が自ら行動を起こしてくれるようになります。

しかも、嫌な気分にさせずにです(*^_^*)

彼氏 彼女 喧嘩

 

 

相手を思い通りに動かしたくて、やってしまいがちな『注意・文句』

例えば、男性が彼女に「料理があまり上手じゃないし作る頻度も少ないなぁ」と思っていたとします。


そんな時、
「料理美味しくないよ」「ほとんどご飯作らないじゃん。」
と伝えたとします。

彼女はどんな反応をするでしょうか。
「ごめんね、がんばる!」
と素直に言ってくれるのならいいですが、
「じゃあ自分で作ってよ!」「こっちだって忙しいのに全然わかってくれないじゃん!」

などと彼女を怒らせたり傷つけたりする可能性もあります。

彼女 料理

 

 

また、女性が彼に「もっとサプライズをしてほしいなぁ」と思っていたとします。

 

そんな時、

「誕生日も忘れてるし、サプライズも全然してくれないじゃん!」

と怒ってしまうと、プライドの高い彼なら、逆効果になってしまうことがあります。

 

 

 

レッテルを貼ることで、相手自身の意識が変わる

じゃあ、どうすればいいか。

 

相手にレッテルを貼るんです。

 

レッテルを貼られた相手は、不思議とその自分に合わせようという意識が働きます。

いいレッテルなら、なおさらです!

 

彼女に「料理が下手」ではなく

「料理が上手で、忙しいわりには作ってくれるよね」

「味付けも色々工夫してくれてるよね」

と言ってみましょう。

 

彼女は嬉しいですし、

「そうかあ、もっといろいろ味も工夫して、忙しくてもなるべく作ってあげよう!」という意識に向きやすいです。

 

 

 

彼には「全然サプライズしてくれない」ではなく

「〇〇って、人を喜ばせたり楽しませたりするの得意だよね?!」

「記憶力いいし、誕生日とかもちゃんと覚えててくれるもんね~。」

と言ってみましょう。

誕生日 サプライズ

 

彼は、「俺、人を楽しませるの得意と思われてるのかなぁ。誕生日は忘れないようにしよう。」と思ってくれると思います。

 

 

良い【レッテル貼り】はお互いに気持ちよく、いい方向へ向かう手段となります。

 

 

もちろん全然真逆のことでは、「それ、バカにしてるよね?!」となりかねないので、ある程度納得できるレッテルの貼り方にしてくださいね。

 

 

 

おわりに

これは、彼氏・彼女だけではありません。

上司・部下・子供・友人誰でも使えます。

 

要するに、相手に伸ばしてほしいところは積極的にほめるといいっていうことですね!

少しでもいいと思ったらすぐに伝えて、相手にいい気持ちで動いてもらえるようにしましょう(*^_^*)

うちの母。

今週のお題「母の日」

 

母の日 カーネーション

 

うちの母は、少し変わっている気がする。

 

 

昔から面白いことが好きらしく、お笑い番組も好きだ。

 

もう70なのに…。

 

ねぇねぇ、と洋服の端を私がつかんだりすると、捕まった鳥のようにはばたくふりをする。

 

 

これは恒例の行事となっている。

 

なぜなのか…。

 

 

たまに踊りも披露してくれる。

 

その踊りの動きが異常に面白く感じ、幼少期の私は「もう一回、もう一回」とアンコールをし、そのたびに床をたたいて笑い転げていた。

 

ハトやドジョウすくいにヒントを得た、シュールな踊りなのだ。

 

 

 

そして、不思議な行動も見せる。

 

まず、ミステリー小説は、少し読んだら、最後のオチを読む。

 

母曰く、「犯人が気になって仕方がなくて読んでしまう。」のだそうだ。

 

 

そんなことってあるだろうか…。

最後まで取っておくのが、ミステリーの最大の楽しみではないのだろうか?

 

 

 

昔のことだが、ふろに入った後、全裸で出てきて、ストーブの吹き出し口の前で、土下座のような形で髪の毛を乾かしていたこともたまに思い出す。

 

その際、私がいつも座っていた位置から尻が目の前にくる形になる。

 

 

完全に尻の穴がみえるのだ。

 

 

今でもあの映像が頭にこびりついている。 

決してきれいな映像ではない。

 

「見えてるよ。動いてる。」

と私が言うと

 

含み笑いで体を揺らしながら髪の毛を乾かしていた。 

母の日 カーネーション

  

昔も今も、食品には気を遣い、小さい頃は炭酸やジュースを飲むことも、マクドナルドをたべることもあまり良しとされていなかった。

農薬にも非常に気を遣い、無農薬有機栽培や養殖でない天然の魚などが食卓に並んだ。

 

 

そんなに気を遣う割に、料理がとても下手なのだ。

 

毎朝決まって出るのが、焦げたピーマン炒めだ。

 

それと太めのニンジンの千切り。

 

うちの母の料理の特徴として、何でも素材一点で勝負することがあげられる。

 

 

それがとにかくまずい。

 

 

ピーマンはピーマンのみの炒め物。ニンジンはニンジンのみ。

シイタケはシイタケのみをオーブンで焼き、ジャガイモはふかす、キャベツのみのサラダ。里芋のみの煮っころがし。

 

複合の食材を使用した料理はほぼ覚えがない。

 

 

そして、何でも焼きすぎる。

 

念入りなのだ。

 

 

ピーマン炒めは苦みが増し、シナシナで黒くなっている。

 

ハンバーグも中までしっかり焼くために500円玉二つ分くらいの大きさで、カラカラになるまで焼いてあるため、肉汁などは皆無。

 

ブロッコリーは、口の中でほどけるようになるまでゆで、シイタケももちろん半分の大きさに縮む程度には火を通すのだ。

 

 

何におびえてのことなのだろうか。

 

 

 

そんな母のおかげで、私は現在何を食べても美味しいという、幸せな舌を所持している。

 

 

全部まずかったので、好き嫌いも一つもない。

 

変に美味しい料理を作る方が、好き嫌いが増すのだ。

 

 

 

とても感謝しています。

 

今年の母の日にもプレゼントを贈ります。

 

 

お母さんありがとう。

彼氏が「重い」?!女性が感じる男性の重い行動って?

女性は、よく「重い」って言われがちですよね!

 

手作りのマフラーとか、結婚を匂わすとか…

 

 

では、女性が男性を「ちょっと重いかも」って思うことはないのでしょうか?

 

私が感じた、嬉しいんだけど少しだけ「重い」彼氏の行動を思い出してみようと思います。

 

 

重い

 

「重い」ってどんな感じ?

「重い」って何なんだろう、と考えました。

 

それは、自分よりも相手の気持ちが大きくて、ストレスを感じる状態ですよね。

 

では、相手の気持ちが大きすぎると、なぜストレスを感じるのか。

 

 

自分の気持ちとの差が負担に感じたり、相手の要求に応えられなかったり…。

そんな状態の自分が好き、ということはないと思うので、場合によっては自分自身にも嫌気がさすこともあると思います。

 

 

気持ちに差があったり、求めるものに差があれば、男性でも女性でも「重い」という感情をが湧きますよね。

 

天秤

 

 

「重い」と思った彼の行動

では、女性である私が、「ちょっときゅうくつだな」「重いな」と思った彼の行動を考えていこうと思います。

 

①スケジュールを把握したがる

「スケジュールをアプリで共有しようよ。」と言われたことがありました。その時は、結構嫌でしたね…( ;∀;)

これは、きちんと休みを報告しない私も悪いんですけど、窮屈感があります。

 

 

②付き合ってすぐ結婚の話

嬉しくもあるんですが、まだ1か月も経ってないのに家はどうするかなどの具体的な話が出ると、頭が付いていかずになんとなく窮屈さや不安を覚えてしまいます。

 

そして、そんな簡単に結婚のこと話して、この人大丈夫なのかなぁ?と計画性を疑ってしまうかも。

 

 

③「愛してる」と言わされる

「好きって言って。」「愛してるって言って。」と言われると、無理やり言わされている感じに重さを感じちゃいます。

 

自分が言いたいと思って言わなきゃ、その言葉に意味はないのに(;´∀`)ネー

 

 

④「土曜は必ず会おう」などのルール

ルールを決められると、窮屈さを感じます。

友達との約束を入れるのも、なんだか罪悪感を感じるようになり、そんな状況が嫌になります。

ルールは必要最低限でいきましょう~。

 

 

⑤キスまで1か月

付き合ってから、キスまで1か月。

「大事にしたいから…」と言ってくれるのは嬉しいけど、その間になんだか逆に怖くなってきます…。

チャラいよりは全然いいでしょうけど…。

燃えるハート

 

編集後記

「女性の重い話」はよく聞くけれど、「男性の重い話」はあまり話題に上らないのが不思議なところ。

 

ということで、今回は女性が感じる男性の重い行動について考えました。

 

「男性の重い話」をあまり聞かないのは、女性が同じくらいの気持ちで受け止めていることが多いからかもしれませんね~( *´艸`)

 

 

あー女性って可愛い♡笑。

 

 

 

【追記】

しかし、「男性は」「女性は」で始まる話の多い私のブログは、なんだか男女差別のような気がしてきました。

 

だってそういうの言われるの自分は嫌いなのに……。

 

 

あくまで、個人差の方が大きいと思っています。

 

このブログの便宜上「男性・女性」を使ってごめんなさいね。

今後も、「個人差が大きい」っていうのは大前提で、使わせてもらいますがお許しください!楽しみの範囲で考えてくれると嬉しいです(*^^*)

 

 


人気ブログランキング

【実録】カップルのラインってどんな感じ?~元カレとの面白ライン公開

以前、理想のラインの記事を書いたことがありましたが、実際カップルたちはどんなラインのやり取りをしているのでしょうか?

 

今回は、元カレとのラインのやり取りを公開したいと思います。

 

 

私は、この彼とのラインのやり取りが楽しくて好きでした。

 

ちなみに、元彼とは友達のような感じになっているので、ブログに載せることを了承済みです☆(載せて載せて~って言ってました笑。)

 

 

 

『引っ越しの梱包』

ライン カップル

梱包されそうになりました。
燃えやすいみたいですね。

 

 

 

『笑ったとこが可愛いよ。』

ライン カップル

ライン カップル

ライン カップル

ライン カップル

見ての通り、非常にくだらない内容となっております……。

 

 

 

『何するの?』

ライン カップル

洗濯物のデリケート洗いだったんですけどね…。

ただの男友達からなら、絶対に嫌なラインですが、彼氏なら面白いだけです!

 

 

 

『うんこ踏んだ』

ライン カップル

ラインカップル

『うん子さん』と呼ばれました。

 

私も、ハローワークの後に寿司とはどういう感覚なんでしょうね。

「連れハローワークという言葉も、、小気味いいですね♪

 

 

 

『ブローチ作った』

カップル ライン

カップル ライン

私の作ったブローチまで、『ブロうんち』呼ばわりです。

特に美味しそうなブローチじゃなくてお花とかだったんですけどねー。。

 

ちなみに、私が「クッソ美味い。」と言っているのは、彼の「クッソ美味そうやね!」という言葉を受けてです。

 

 

 

パンパカパンツのラインスタンプを見て』

ライン カップル

彼の質問がまず変なんですけど。

この後、彼は「なんでトイレットペーパーなの?笑」と喜んでいた?様子。

 

お下劣なラインが多いですね!!

 

 

 

『クッキーの早食いを報告』

ライン カップル

私のクッキー早食い報告も全くもって意味のない話ですが、彼は7枚いけるらしいです。

1枚上を行くところがさすが。

 

 

 

編集後記

以上、元カレとの面白かったラインを少しですが公開してみました。

 

人のカップルのラインを見ることなんて、あまりないですよね?

私も他のカップルさんのラインを見たことがないので、どんな風なのかはわかりませんが、私たちはこんな感じでした。

 

付き合う前とは違って、けっこう下ネタや下品なことも言い合えるのが気楽でいいですね。

この時の彼は、面白いラインをくれる人だったので、楽しませてもらっていたなーと思います(*^_^*)

 

以上、『カップルのラインってどんな感じ?』でした⁉

【ニートのあるある】ニートのよくつくウソ編

こんにちわ。

ニートになってから、ついついついてしまう嘘があります。

 

今回は、ニートがよくつくであろうウソ』を考えたいと思います。

秘密 ウソ

 

『たまたま早起きしちゃった。』

昼夜逆転して、朝まで起きていると、6時・7時に親や友人からくるライン。

 

すぐに返信すると、

もう起きてたの?」と言われます。

 

あまりのだらしなさに、夜からずっと起きていた、とは言えずに、

たまたま早起きしたの☆

と苦し紛れのウソ。

 

「いつもはこの時間寝ちゃってるんだけどね~」という裏の裏を行く、もう何が正しいのかわからなくなるような嘘をつく羽目になります。

 

 

『休みはシフト制です。』

飲み会や合コンなど知らない人がいるところで、仕事しているてい。

 

全然知らない人にニートを知られるのは色々都合が悪いことが起こるので…。

 

ニートは暇だと思われて、いや暇ですけど、相手の暇つぶしに付き合わされたり、長電話をされるなどするため、極力言いたくない。

 

 

『仕事はもう探そうと思ってる。』

本当にそう思ってるんですが、結果ウソになってしまっているという言葉。

 

探そうと思ってる、夏までに、年末までに、春までに…、と徐々にゴールが遠ざかっていくのが特徴。

 

 

『元気だよ。』

ほんとはニートであることへの不安感や、乱れまくった生活のせいで体調が激ワル。

でも、まさかニートでのんびりしているのに体調まで崩しているなんて言いにくい…。

 

自由 ニート

 

編集後記

つかなくていいウソをついてしまう。

 

ニート歴が長くなった故の悲しいサガです。

いや、これは私だけで、あるあるじゃないかもしれませんが( ;∀;)

 

 

別れ。男性からの嬉しいけど切なくなったフレーズ【5選】

 前回、胸キュンしたフレーズを恥ずかしげもなく披露したわけですが、その際に「これは、胸キュンというより切ない系フレーズだなぁ。」と思うものが半分くらい混じっていたので、分割することにしました。

 

世に出してはならないもの第2弾です。

 

 

別れ。男性からの嬉しいけど切なくなったフレーズ

タンポポの花 切ない

『俺はお前じゃなきゃいやだ。お前にそばにいてほしかった。』

いつもは、私を名前で呼んでいたチャラ男の彼が、別れた数か月後にくれたメール。

急に「おまえ」呼ばわりはちょっとドキッとしました。

その時は別の彼がいたのでもちろん復縁なんてできなかったけど。

 

 

『俺が一番つらい時、お前がそばにいてくれた。だから大事なんだ。』

これも、チャラ男の彼が別れたあとに言った言葉。

確かに、いろんなことが重なって彼にとってはとてもつらい時期があったので、「わたし、いた意味あったんだ。」となんだが胸が熱くなりました。

 

 

『あおいちゃんが少し我慢して俺といてくれたら、俺はずっと幸せに暮らしていけるよ。』

これは、同い年の彼の言葉です。その時、いろいろ悩むことがあって別れを切り出そうかどうしようかと迷っていた時期でした。

なのでそれに感づいてそんなことを言われたのだろうな~と思います。

 

なんか、「そうなのか……」と、そう思ってくれる彼の存在がとてもありがたく感じました。同時に胸が痛かったなぁ。

 

 

『大事すぎて、うまくできなくてごめん。』

年下だった彼に別れを告げた時に言われた言葉です。

本当に純粋で一生懸命私と向き合ってくれていた彼だったので、涙が出ました。

 

 

『脇役でもいいから、あなたの人生の中にいたいんです。』

これは、職場の人からもらった手紙に書いてありました。ずっと好きだと言ってくれて、お断りしたのにまだ思ってくれていて、そんな手紙をくれたので胸が痛くなりました。

 

切ない女の子

  

編集後記

一応完全に切ないではなく、嬉しいけど切なかったものを書きました。

完全に切ない・悲しいものを書くと書いてる方も読んでる方も得がない気がしたので。

 

人生には、いろんな場面があるものですね。

 

これからも何かあるのかな~。

 

でももう切ないのは欲しくないです。

 

 

きっと皆さんの中にも、言わないだけで大切な言葉や場面がたくさんあるんでしょうね(*^^*)

 

 

 

 前回の記事

『男性からの胸キュンなフレーズを思い出して楽しんでみる。』

aoi-ai.hatenablog.com