ニートが就職してから1か月、職場は人間関係が地獄絵図だった。

こんにちは。

ニートだった私が、就職して1か月が経過しました。

 

疲労しまくりながらも、なんとか業務をこなしています…。

 

そして、この職場、人間関係が終わってました。

 

今回は、そちらを紹介したいと思います。

 

 

 

同期と、男性職員2人がぶつかる。

まず、同じ時期に入職した同期が一人いました。私よりも10歳ほど年上の女性です。

 

同期は、入職して1週間くらいで、「男性職員Aから色々強く言われる」と愚痴を漏らし始めました。

 

「一人で〇〇をさせられた。」

「Aさんと他の人の言うことが違って、混乱した。」

等の話を繰り返し、し始めました。

 

そのうち、責任者にもその話が届き、Aさんは責任者から注意される羽目に……。

 

 

さらには、入職3週間後くらいから、

「男性職員Bさんの言い方がきつい」と言い始めたのです。

Bさんと共同でする作業が苦痛だと言い、責任者の前で泣いてしまいました

 

それにより、Bさんも責任者から注意される羽目に……

さらにはミーティングでもこの話題が取り上げられ、Bさんはうんざり顔です。

 

 

2人1組でする作業があるのですが、Aさんと組んでも、Bさんと組んでも、同期と作業をするときがやりずらいという不満をきくことになりました…。

 

f:id:aoi-ai:20190909232115p:plain

この三人、なんだか関係が悪いです。

 

 

男性3人(ABC)が昔から仲が悪い

Aさん、Bさんはさきほど出てきましたが、私の部署にはさらにCさんという男性職員がいます。

 

この三人、非常に仲が悪い……!

三人とも、それぞれを良く思っていないとのこと。

他の女性職員から聞かされました

 

 

Cさんの役割を、昔Aさんがやっていたとのことで、やり方に違いが出ていて、お互いが相手のやり方を納得できていないみたい。

 

Bさんと他の2人も冷静に言い合いになっているところも見かけ、他の女性職員が言っていたことがなんとなく私にもわかりました。

 

 

 

男性Cさんが女性Dさんの行動を会議で名指しで注意

さらには、女性職員Dさんが登場です。

なんと男性職員Cさんが、

「女性職員Dさんが仕事中に口紅を直していた」

会議でみんなの前で注意!

 

f:id:aoi-ai:20190909232237p:plain

もともとCさんとDさんは仲が悪かったらしいのですが、そのことでさらに仲が悪くなり、会議は最悪の雰囲気となりました。

 

Dさんはそのあと怒り狂い、Cさんの悪口をず~っと言っている状態。

 

 

女性Dさんと同職種の女性Eさんが仲が悪い

DさんとEさんはこの部署で2人だけの職種なのですが、その二人がこれまたとても仲が悪いんです…。

これは周知の事実のようで…。

私は気が付かなかったけど、これも他の元からいた職員何人かから聞かされました

 

なるほど、Dさんは陰でEさんの口調の真似をしたり、Eさんの失敗を嫌味っぽく大声で言ったりと、なかなかの仲の悪さです。

 

私の失敗も、Dさんは

Eさんが〇〇って言ってたから間違ったんでしょ?あの人はもう~」とEさんのせいに…。

 

「私が間違えただけです。」と言ったけど、特に聞く耳もたれませんでした。

 

f:id:aoi-ai:20190621000700j:plain

他の女性職員も、「Eさんは言い方がきつい」と言っていたりして、なんだかトホホな状況。

 

 

責任者が、女性Fさんにぶちぎれ。さらに…

なんと、さらに悲惨な人間関係地獄は続きます。

 

 

部署の会議の席で、

責任者から

「お話があります。」

 

f:id:aoi-ai:20190626031203p:plain

…非常に嫌な予感がしました。

 

責任者

「みなさん、DさんとEさんが連携を取れず、ぎくしゃくしているのは分かっていると思います。」

 

私の心(え~~、それいきなり言っちゃうの?爆弾発言きたーΣ(゚д゚lll)ガーン

 

責任者

「でも、DさんとEさんはぎくしゃくしながらも頑張ってくれています。そんな中で、私が、DさんよりもEさんの方をひいきしていると言っている人がいると聞きました。」

 

私の心(…ひいき…?

 

責任者

Fさん!あなたは、私がDさんよりもEさんをひいきしているように見えると、Dさんに言ったそうですね。Dさんから先ほど聞きました。」

 

Fさん「わたし、ひいきなんて言ってません!!」

 

私の心(ちょーいちょい、どうゆうこっちゃ?なんでDさんはFさんが言ったことを責任者に言っちゃうわけ?!

 

 

要するに、女性職員FさんとDさんは仲が良く、一緒に雑談をしているときに「責任者は、Eさんの方をひいきしているよね。Dさん、大丈夫?大変だね。」的なことを言ったらしいのです。

 

そんな話を、まさかDさんが、直接責任者に言っちゃうなんて、Fさんは思わないですよね。

Dさんの心情がさっぱりわかりませんが、とにかく言ったらしいんです。

 

 

責任者

「でも、言ったってDさんから聞きましたよ?!なんでそんなこと言うんですか?!」

 

Fさん

「だから、ひいきとは言ってないんです!」

 

責任者

「もう責任者は私できません。そんなこと言われるなら、誰か他の人がしてください。」

 

 

責任者さんもFさんも、会議中に泣いてしまいました。

 

f:id:aoi-ai:20190909232503p:plain

もちろん仲の悪さを指摘された、DさんEさんも気まずいはず。

さらには、Fさんからすれば、ちょっとした雑談でした話をまさかDさんがそのまま責任者に言うなんて思わないですよね。

FさんとDさんの間も微妙です。

 

まさに地獄の会議でした。

 

 

部署10人中8人がごたごたしている

人数の多くない部署の中で、10人中8人が人間関係がなかなかな感じで悪いんです。

 

こんなことははじめてです。

 

分かりにくいので絵に描いてみました。

 

f:id:aoi-ai:20190909231743j:plain

 

 

今日の会議は、あまりの空気に過呼吸が出そうだった

正直、私は事なかれ主義なうえに、あまり人を嫌いにならないので、

「みんな優しくしてくれる。

年が離れている人ばかりで、友達ができる感じじゃないのが残念だ。

でも、毎回、周りの人には恵まれているかもしれないなぁ。」

 

なんてのんきに思っていたんですが、私以外の人間関係はじつはぐっちゃぐちゃという状況です。

 

今日の地獄会議は、あまりの空気の重さに、過呼吸でそうでした。

 

 

 

は~。

 

とんでもない空気の中、明日も仕事行ってきます。

 

【実況:ニートの就職先決定②】認印ってなんなのよ。健康診断高いよ。

 さて、前回職場に行って、色々書類が必要だと知った。

aoi-ai.hatenablog.com

 

書類を書いていると、印鑑が必要な部分がたくさんある。

認印でお願いします」

と言われていたが、認印とは…?

 

調べると、シャチハタも認印に含まれるらしい。

でも、契約書などの印鑑は、シャチハタは良くないとも書いてある。

 

でも、私はシャチハタと実印しか持っていない。

 

どうしよう…

数日迷ったが、いやいやながらも職場に電話して聞いてみた。

 

どうしてこんなに職場への電話というのは憂鬱なんだろう

 

聞くと、やはりシャチハタはだめとのこと。

 

 

あー、私、認印なんで持ってないんだろう。

 

 

しかたなく、実家から認印を送ってもらうことに。

 

 

そして、健康診断……心電図・X線・尿検査・血液検査…

 

8800円もした。自費だ。

高いなぁ…。

 

住民票は、区役所まで行かなければならないかと思ったが、市役所でも取れることをしり、ラッキーだった。

うちは、区役所よりも市役所の方がずっと近いのです。

徒歩15分。

 

 

様々な書類をかき集めてから、再び就職先に提出に行った。

 

 

いよいよ、働かなければならないぞ……。

f:id:aoi-ai:20190730150137p:plain

 

 

さようなら、私の1年半のニート生活……。

 

【実況:ニートの就職先決定①】就職する予定の会社から、愕然とすること言われた。

 前回、【ニートの就職活動④】で、面接して、合格したことを書きました。

aoi-ai.hatenablog.com

 

このため、【就職活動】は④でいったん終了です。

 

ニートの就職先決定】の実況を開始しようと思います。

私の苦悩をとくとご覧ください!

 

 

 

会社に必要書類を取りに行った

3日前、就職の際に必要な書類や、手順の確認行きました。

 

約束は10時。

早い。やっと深い眠りにつくくらいの時間です。

相手を思いやって、午後にしてほしいです。

 

服装はどうする?!けっこう直前まで悩みました。

スーツで行くのもおかしな気がして、白シャツに綿のパンツという、ラフだけど、少しかっちりした格好で赴きました。

社長、部長

ついて、話を聞くと、必要書類ってたくさんあったんですね。

転職は二回目だけど、4年前のことなので忘れてました。

 

サインしたり、なんだかんだ書いて、再度持参しないといけないものや、家から探し出さないといけないものも。

マイナンバーカード

・住民票

雇用保険なんちゃら証

・年金手帳

・家族のサインのいる書類

・色々サインをする紙

・健康診断を受け、提出する必要あり

 

などなど…

 

収集しなきゃなものがたくさんあるぞ…。

年金手帳と雇用保険なんちゃら証なんて、一体どんな外見で、どこにあるのだかさっぱりです。

 

 

部署の責任者から、衝撃の言葉

偉い人から、必要書類の説明を受けて、書類を受け取った後、次は部署の責任者のお話です。

 

「朝は、9時からになってますけど、8時25分までにきてください

「はい。(……え、はや。)」

 

「一週間目は、これとこれとペラペラ、これを学んで、実施してもらいます。二週間目はこれとこれとペラペラ。三週間めは…」

「……はい。(やること最初から詰め込みすぎじゃない?!)」

 

「結構、この仕事が大変なの…ペラペラ。」

「はア。(その大変な仕事を一週目からやらせるわけね、へー。)」

 

かなり忙しくて…、やることも多くて、みんな頭がわーーーってなるみたい。」

「…え?」

あなたの前の人は、1か月でやめました。その前は、2か月。

   f:id:aoi-ai:20190719022836j:plain

「そ、そうなんですか?!なんか、よくハローワークに募集が出ていたので、もしかしたら辞められる方が多かったのかな、と思っていました…。」

「そうなのよ~。ぶっちゃけていっちゃうと、みんなすぐにやめちゃって……。私も離職率をあげたいわけじゃないんだけど。最初は、かなり大変かもしれないけど、期待してます。

 

うそでしょ~!

体力も精神力もない私が、健常人がすぐにやめていってしましった仕事が続くのか?!

 

 

私のメンタル

心配です。

私は、人一倍疲れやすいんですよ。

胴頻脈もあって、それも疲れやすい原因だとお医者さんから言われました。

 

そんな私が、精神的にも肉体的にもハードな職場に行けるの?!

家から遠いから、引っ越さないといけないけど、引っ越して大丈夫なの?

すぐやめることにならない?!

 

私は、職場運がとことんない…。

そう実感しました。

f:id:aoi-ai:20190719022703p:plain

以前の職場は、かなり横暴で、私の部署の12人が全員辞めてしまった。私だけ残った。

 

その前の職場は、ブラック企業で、残業時間が70時間を超えていた。もちろん残業代なし同期20人は数年で半分以下に減っていた

 

 

私の職場運のなさ。

みごとで自分で自分に拍手を送りたい気持ち。

【実況:ニートの就職活動④】面接した当日に結果の電話。

ニート歴も1年半を超えようとしているところ。

 

ようやくおしりに火が付き、速達で履歴書を郵送し、ついに面接を受ける運びとなりました!

 

aoi-ai.hatenablog.com

 

面接で聞かれたことや、面接結果をその日のうちに電話で頂いたので、今回はその話です。

 

 

面接前日

非常にめんどくさい。

 

気分が沈む。

信じられないくらい沈む。

 

次の日の面接のことを考えると、気が重くて仕方がないです。

やらねばならないことはある。

 

①電車・バスの時間を検索

②必要書類の準備(コピーが必要)

③面接の質問対策

 

③がとてつもなくめんどうです。

とりあえず、絶対にもっていかなければならない必要書類のコピーをするために、夜のコンビニへ。

 

3回ほど縮小倍率を間違えて、30円を無駄にしました。

 

何とか帰ってきたけど、携帯で「志望動機」や「自己PR」「面接での注意」などを検索する気になれない。

さらには、風呂に入るのも面倒に感じました。

f:id:aoi-ai:20190711001732p:plain

すると、なんとなく12時ころ眠気が…

普段明け方まで眠れない私が、そんな時間に眠気が来たことだけは、天からのプレゼント。

面接の質問対策も、風呂もあきらめて眠ることに…。

 

うつらうつらし、深い睡眠がとれませんでしたが、なんとか数時間は眠れました。

 

 

いざ、面接

朝、風呂に入り、けっきょくギリギリに家を出ます。

 

バスと電車の中で、面接の質問対策をようやく開始。

どうして、この会社を選んだのか…

どうして、前の仕事をやめたのか…

会社ではどんなことがしたいのか…

 

面接時間5分前に会社に到着しました。

いよいよ、面接開始です。

 

面接官は3人。

 

一番偉い人。

経営担当の2番目にえらい人。

私の部署の一番えらい人。

 

といっても、小さな会社なので、アットホームでした。

 

もちろん私もいろいろ気を付けましたよ。

・きちんと自分の名前を名乗る

・バッグは、椅子の横に置く

・座ってくださいと言われるまで立ってる

など。

f:id:aoi-ai:20190704021601j:plain

質問の内容は、

「志望動機と自己PRをお願いします」

「働いていない期間は、何をしていたのですか」

くらいでした!

 

とてもやさしそうな会社トップさんです。

しかし、やはり2番目にえらい人は、切り込んでくる。

「いつから働けますか?」

「何か病院にかかっていますか?」

 

ぎくり、病院…。

メンタルクリニックに行ってる、って言えませんでした。

胃腸科にもかかっていたので、そのことだけ言ったけど、結局バレたりするのかな?!

 

そして、少し不安な話も出ました。

一つ目は、就業時間よりも早めに行かなければならないということ。

2つ目は、大勢の人の前で、色々やらないといけないことがあること…。

演説するピクトさん

苦手です。明らかに苦手です。

みんなの前に出ないでいいなら、1万でも払いたいくらいです。

どうしよう?と思いましたが、「経験はないですが、ご指導いただければと思います。」という、至極まっとうな返事を返してしまいました。

 

 

ホントは、『やだやだやだーーー苦手苦手、ちょっと待って、やめる。やめるかもっ』

と思っていました。

ヤダヤダ――やりたくない。めちゃくちゃ苦手分野。

 

しかし、トップのおかたは、「あなたの経験はとても役立つと期待しています」とニコニコ。

「あ、ここでこんなこと言っちゃあ、あれか~。〇〇さんからお断りされるっていう大どんでん返しもあるかもしれないし。」

 

私「え、いえいえ…」

 

4人 「あははは……」

 

 

これは、断りにくいぞ。

まだ受かったかもわからないけど、すでに「断りにくい」と感じている私。

 

 

夕方に面接結果の電話が…

ほっとして、帰りにカフェでお茶をしていると、電話がかかってきました。

f:id:aoi-ai:20190711001551j:plain

「このほっとしている時間に、頼むからかかってきませんように…」と願っていたその願いもむなしく、スマホは鳴りました。

 

私「…もしもし」

 

相手「〇〇会社の〇〇です。お世話になります。」

 

私「あ…お世話になります…」

 

相手「〇〇さんですよね?」

(ぼーっとしてしまい、きちんと名乗ることも忘れていた。)

 

私「あ、はいそうです。」

(この、あ、ってつける癖をやめたいのになかなかやめられない。)

 

相手「面接の件ですが、ぜひ○○さんに働いていただきたいと…ペラペラ」

 

私「はア…お願いいたします。」

(テンションが低い。)

 

相手「では、契約書を書いていただきたいので、○○日にもう一度来ていただけますか。」

 

私「ハイお願いします」

 

 

………とりあえず受かりました。

一応心配していた母に電話。

テンション低い私に母ドン引き。

 

だって、大勢の前でいろいろしなきゃいけない仕事もあるなんて。(しかも毎日ある。)

 

 

断りたい……そんな気持ちがむくむくと沸いてきます。

でも金は無い…働かなければ…

f:id:aoi-ai:20190711001519j:plain

 

はぁ……これは、昨日の出来事ですよ。まだ断るなら断れるのかな……。

 

暗いので今日はこの辺でっ。

 

 

続き。

 ニートの就職先決定①愕然とした話。

aoi-ai.hatenablog.com

 

【実況:ニートの就職活動③】ニート、履歴書と職務経歴書を送る。しかも速達で。

以前、会社の見学に行ってから、「ぁ―働きたくない。」と思いながら1週間を過ごしたあおいです。

 

しかし、ここで「まいっか。就職はまた今度♪」なんて言ってたら、1年半のニート歴が2年になりそうです。

その間も減っていくお金と、体調不良と、社会から取り残された不安感を感じ続けなければならない…。

 

とりあえず、就活をしていこうと思いました。

 

 

aoi-ai.hatenablog.com

 

 

f:id:aoi-ai:20190704021327j:plain

 

 

会社に電話、面接をお願いする

非常にドキドキしながら電話を握る。私はパニック障害もあるので、精神的ストレスには非常に、非常に非常に弱い。

 

もちろん、目の前には台本を書いておいてある。

 

お忙しいところすみません。先日〇〇を見学させていただいた〇〇です。〇〇さんいらっしゃいますか?

〇〇です。先日はありがとうございました。…面接をお願いしたいのですが。

 

スケジュール帳も完備。

 

いざ電話をかける。

…おなかがいたい。

 

繋がった。

相手「ハローワークです」

…間違えた。

 

気を取りなおして会社にかける。

…なんと、お話し中である。

 

「面接のお願い電話は明日にしよう。」

ポンコツの私は、あっさり引き下がることにした。

 

なんせおなかが痛いから。

 

f:id:aoi-ai:20190704021727j:plain

 

ーー次の日、昨日から気が重かったので、今日こそは電話を成功させようと思う。

再び、昨日と同じ準備をして、電話をかける。

今度は、受付嬢が出てくれた。担当者は不在とのことで、折り返してもらうことにする。

 

5分後、担当者から電話がかかってきた。

「もしもしっ!」

勢いよく出たが、もしもし、は正しかったのか?!何か違う気がする。

 

なおも話を続けると、履歴書・職務経歴書を郵送してくれ、とのこと。

さらに、もう一つ必要書類を郵送するよう言われた。

 

なんと……ハローワークの求人票に郵送が必要と書いてあったのは「履歴書・職務経歴書」だけだったのに……。

 

私は、実家に帰省していたのだ。履歴書と職務経歴書を持って…。

しかし、もう一つの必要書類は、一人暮らしの家に帰らないとない。

 

私は焦った。

 

「あ、あのっ……書類は、5日後以降に郵送することになりますが、大丈夫でしょうか?

今実家に帰っておりまして……履歴書と職務経歴書は持って帰ってきたのですが……

(やたらと言葉に詰まって、沈黙の多い私)

〇〇の書類が自分の家に帰らないと無いもので……。」

 

のんびり実家に帰っていることまで暴露してしまった。

 

f:id:aoi-ai:20190704021921p:plain

担当者「あーそうなんですか。では、履歴書と職務経歴書だけでいいですよ。届いたら、また電話させてもらいます。その時に、面接の日取りを決めましょう。」

 

なんだか、間抜けな感じは否めないが、とりあえず無事に電話は終わった。

 

 

履歴書を送る(速達)

さて、ほぼ、完成させていた履歴書。

職務経歴書の自己PR分だけが書いていない状態であったので、急いで自己PRを考える。

 

私には、自己PR能力がない。

むしろ、「こんなにダメなんですけど、なんとか許してください」と言いたいぐらいだ。

 

「こんなダメなところありますけど、それ覚悟で雇ってもらえませんか?なるべくは頑張りますんで。」って言いたい。

 

しかし、そんなことをしていては、一生就職できない。

年金をもらっている親の貯金で暮らしていく、パラサイトチルドレンになってしまう。

 

 

仕方なく、PRを考えた。

「こんな長所があります。」「御社ですぐに役に立てると思い…」などの強め菜言葉は書くことができず、「〇〇を学びました。〇〇という経験をしました。」など、控えめなPR文となった。

私らしい。

 

しかし、自慢じゃないが、私は経歴だけは優等生である。

大学を卒業し、その業界では名の知れた会社に就職し、次の職場では主任を務め…、責任者をし……

 

そのどれもが、詳しくのぞいてみると非常にポンコツな仕事しかしていないのだが、書いてみるととても優等生になる。

 

主任であったのは隠そうかと思ったが、ついつい書いてしまった。良く思ってもらいたい気持ちと、こうじゃないのにな~の不安の入り混じった微妙な気持ちである。

 

夜中、とりあえず、書類は完成した。

 

f:id:aoi-ai:20190704022036j:plain

 

次の日、書類を郵便局まで持っていくのが非常に面倒になった。

 

体がだるい。ご飯を食べると迷走神経反射が起こりそうな感じで居心地が悪い。

 

母「あんた、書類早く出してこないと」

 

私「うーん、うん。うん。」(ぼーっと口を開けてソファで寝ている)

 

父「…お父さん、買い物に行くから出してこようか?切手は貼ってあるの?」

 

私「え、本当?お願い♪切って貼ってないから、重さ計ってもらって切って貼ってもらわないといけないよ。」

 

母「あら、じゃあ私の方が郵便局の近くまで行く用事があるから、私が出してくるわよ。」

 

私「そう?お願い。切手貼ってもらってね。」←他人任せ

 

母「着払いにしたらどうなるのかしらね」

 

私「落ちるね、あはは。」

 

そんな会話をし、父と母の優しさに、その日も家で寝て過ごすことを決めた私。

 

f:id:aoi-ai:20190704021444j:plain

 

夕方、母が帰ってきた。

私「出した?」

 

母「…うん、私、やりすぎちゃったかな~と思ったんだけど、速達で出したのよ…」

 

ええーーー!なぜ速達?!

速達で履歴書を出す人がいるだろうか。

嫌な予感がした。

 

ネットで調べてみると……

 

速達で履歴書を出すのは、

・合理的な考えが出来ていないと考えられる

・精神的に焦っているようにとらえられる

・金額のことを考えておらず、計画性がないととらえられる

 

などなど、プラスに働くことはない、という記事のみが、たくさん出てきた。

 

締め切りが近い、など合理的な理由がない限りはマイナスらしい。

もちろん、締め切りギリギリで出すことがまずよくないと書いてある。

 

ショックだった。

母よ、なぜ速達に…

 

私「なんで速達にしたのー?!普通郵便だよ、普通~~!!」

出してきてもらっておいて、文句はしっかり言う。

 

ただ、母もなんだか申し訳なさそうで、「もう郵便局の人出しちゃったかな?取り返してこようか?」などと言い始めたので、「いいよいいよ。」と言い、もうそのことについては何も言わないことにした。

 

私のために出してくれたのに、かわいそうなことをした気もする。

(母は、すぐに録画のサスペンスを見始めて、あまり気にしていない様子ではあったが。)

 

 

そんなわけで、私は、地元から、会社に意味のない速達で履歴書を送った。

 

 

会社から電話、面接日が決まる

実家と会社は、遠くないため郵便は、「速達でも普通郵便でも、明日つきます」と郵便局員に言われたそうだ。ますます、母がなぜ速達にしたのか疑問に思うところであるが、とりあえず、翌日には到着したようで、電話がかかってきた。

 

面接は来週に決定した。

一番生理の重い日の予定だ。

とことんついてない。

f:id:aoi-ai:20190704021601j:plain


 

 

続き。

 面接と、結果。

aoi-ai.hatenablog.com

 

 

 

【実況:ニートの就職活動②】1年半ニートが、会社見学におもむく!

 

前回、ハローワークに行く・相談する際の気の重さと、勇気を出して会社に見学をお願いしたことを書きました。

 

aoi-ai.hatenablog.com

 

 

今回は、その続き、会社見学の巻です。

 

 

 

 見学前日

まず、会社のことを調べます。

トップの人の名前も忘れないようにメモ。

 

さらには、業界の勉強。

法律のことや現在の状況など。時間がかかる。

 

そして、質問を考える。

それも、メモ帳に書き出します。

 

質問されること・その質問への答え方も考える。

前職をやめた理由、なぜずっと就職しなかったのか、前の会社の従業員数、などなど。。。

 

一通り、そのあたりを仕上げたら、会社の場所の地図や行き方、バスや電車の乗り継ぎを調べます。

 

あとは、スーツ・ストッキング・鞄を準備します。

 

 

あー、めんどうですね。(*‘∀‘)

f:id:aoi-ai:20190626030559p:plain

 

見学当日の朝

夜2時間くらい寝て、3時くらいから目が覚めて、全く眠れませんでした。

この状態で見学に行くと思うと、さらに焦る!!

 

結局ほぼ徹夜。

 

着替えて、準備です。

11時から見学でしたが、家を9時半に出ました。

なかなかの早さ。

 

コンビニでおにぎりを買います。

 

予定より1つ早い電車でGO。

 

予定より早いバスに乗り継ぎ。

40分ほど早く着きました…!

 

しかたなく、会社周りをうろうろ…。

 

会社から人が出てきたので、あわてて唯の通行人を演じます。

 

隣のスーパーのトイレに二回行きます。

 

少し離れた道路わきの塀に座って、おにぎりを食べます。

前を通行人が通ります。

もはや変質者……だって、食べれそうなところどこにもなかったんだもん…。

 

ふと横をみると、お花にチョウチョがとまっています。

写メ撮りました。

f:id:aoi-ai:20190626033910j:plain

 

いざ見学

予定の8分前という絶妙な時間に会社へ。

 

受付で女性が3人でおしゃべりしていて、すごい目で見られます。

「うわーーここでうまくやっていけるんだろうか」という不安が生まれました。

 

すぐに、会社で2番目にえらいであろう男性登場。

 

個室に通され、説明を受けた後、社内を見学させてもらいます。

 

適宜、用意していた質問をしてみたりする私、えらい!!

 

ここで、さらっとニート1年やってます」をカミングアウトしました。

(もちろんそんな言い方ではないけど…。)

 

偉い人「いいじゃないですか~」と言ってくれました。

 

サンクス…。

 

 

見学が終わると、再び個室へ。

もう一度説明があり、「質問はありますか?」と言われました。

 

私「お給料と賞与は……」

どうどうと一番聞きにくいであろう質問をしました。

これ、大丈夫なのか?!

 

偉い人「給料は、書いてあった一番安い金額から始めてもらおうと思います。賞与は、寸志だったのですが、この前の冬から出せるようにはなりました。」

 

がびーーん。

少しは、経験年数を考慮してくれるのかと思った…「〇〇万~〇〇万」って結構幅が広い書き方をされていたので…!

 

賞与は「あり」と書いてあったが…一年で何か月分かが聞きたかったのに、わかりませんでした。

うまく逃げおったな…

 

悲しみの回答でした。

 

 

他は、割と働きやすそうだったのにな~…。

 

 

見学が終わって

ありがとうございました、と会社を出て、すっきり。

 

足かせが取れたかのようなスッキリ感!

頑張った私に、ご褒美として、スタバのフラペチーノをおごってあげました。

 

f:id:aoi-ai:20190626034021j:plain

 

さてさて、給料は安い。働きやすいかもしれないが、内容は働いてみないとよくわからない。

面接を受けるか否か?!?!

 

迷います…。

f:id:aoi-ai:20190626031203p:plain

とりあえず、面接を受けて、受かって、引っ越しをするときのために、めぼしいマンションの検索だけは2時間しました。

 

 

また動きがあればブログに書きます。続く…。

 

 

続き。速達で履歴書を送った話。

aoi-ai.hatenablog.com

 

【実況:ニートの就職活動】パニック障害・1年半ニートの私が、ハローワークに赴いてみた。①

こんにちは、1年半ニートのあおいです!

 

度重なる体調不良・気分の沈み込み、自信喪失を経て、最近ハローワークに顔を出しています。

 

数か月をかけて、やっと職場見学(予定)までたどり着いたので、それまでの軌跡を綴ります。

同じく、ハローワークに行くのが気が重すぎる…。という方が共感できる部分があれば、と思います。

 

f:id:aoi-ai:20190620234521p:plain

 

 

ハローワークに行く、気の重さ

非常に気が重い就職のことを考えるだけで、非常に気が重い…。

まず、家のネットで、ハローワーク求人検索をすることから異常な気の重さです。

 

あのサイトとこのサイト見て、YouTube見てから、ハローワークのサイト見るか……と思いながら、すぐに数日が立ちます。

もちろんYouTubeを見て、少し疲れて、ハローワークはカット!!

 

そんな風にして、数日を過ごし、やっとハローワークの求人サイト検索。

こうなると、逆にやめられません

希望の職業がないか、へとへとになるまで調べ始めます。

 

疲労

ニートがハローワークで求人検索
 

いくつか気になるものを発見し、スクショしたりしておしまい。

 

次は、ハローワークに行って実際にこの職業について聞いてみなければならない。

全てはそれから始まるのだ。

「行くぞ、ハローワークに」と心に誓って、それからまた1週間くらいは、具合の悪さや天候の悪さ、寝坊等で日々を無駄にします。

 

 

…みなさん、私のこの行動、どうお思いですか。

カスですか。

それとも共感できるとこありますか。

 

やっとこさ、ハローワークに赴きますが、色々調べて、いくつか気になるものをプリントアウトし、帰ります

 

就職相談へ行くにはまだまだ、心構えが足りてなく、勇気が出ません。

1回目からすっと職業相談できるような輩は、1年半もニート生活をしないのです。

 

 

ハローワークで就職相談する気の重さ

2・3回「ならしハローワーク」へ行き、やっと周りの雰囲気に慣れたところで、いよいよ就職相談をお願いします。

 

番号を渡され、ドキドキ。

パニック障害(症)があると、どんなくだらないことにもドキドキして、心臓の寿命を縮めます。

 

 

呼ばれると、いい感じのおねーさんが対応してくれ、緊張はいくらか和らぎました。

気になっていた企業への応募者は現在「0」とのこと。

 

……ここでもいらぬ心配が頭をもたげてきます。

結構条件がいいのに、希望者ゼロとは、やばそうじゃないか?

 

見学をお願いする勇気を失い、「見学のお願いするかどうか、よく考えてまた来ます。」という守りの姿勢を前面に出した言葉を残し、ハローワークを後にします。

 

 

ハローワークで職場見学をお願いする気の重さ

前回のハローワークからさらに1週間後、再び気の重いハロワへ。

 

軽く求人検索で体を慣らした後、「相談をいいですか?」と受付に申し出ます。

 

番号を呼ばれ行くと、今度は良さそうなおじさん。

再び、緊張感もほぐれます。

 

「仕事上、車の運転をしないといけないかもしれない」という記載があり、それが不安だったので相談してみます。

 

すると、おじさん、会社に聞いてみてくれるとのこと。

その場で電話をかけてくれます。

 

「いま、見学をしたいという方がいらっしゃってるのですが……ペラペラ、運転が……あーそうですよね……ペラペラ」

 ハローワークで会社に電話してもらう

 

顔には出しませんが、はらはらしながら聞き耳を立てます。

電話が終わると、おじさんが電話の内容を教えてくれました。

 

車は、最初は同乗でも構わない・今後練習したりしてほしいなどの内容でした。

 

迷っていると、おじさん、「状態が変わって、働いているうちに運転できる人が入ってくるかもしれないしね~~。(ニコニコ)」

「そうですよね、では、見学だけでもお願いしたいです!」勇気を出して、最後の決めフレーズに手を出しました。

 

「そうですか、では、そう伝えます。」

再び電話してくれるおじさん。

 

結局、見学の日は来週に決定しました。

 

 

ハローワークから出た時の風の気持ちよさ

 

まだ、見学にも行ってないし、面接なんて遠いし、就職もわからない状況ですが、ハローワークを出た時に吹いてきた風に気持ちよさを覚えました。

 

「これは、明日から吹いてくる風か……(遠い目)」

 

何か未来が少し吹いてきたようなそんな気分になりました。

ハローワークを出て、少し気分が軽い 

 

 

まとめ

来週は、見学……、すでに新しい不安が心を占領していきます。

倒れたらどうしよう、ドキドキします。

でも、始めなきゃ仕方ない……こればっかりは仕方ない。

 

今一番面倒で気が重いのは、スーツの試着と履歴書の記入

見学だから、履歴書はまだ必要ないかもしれないけど、一応鞄には忍ばせていこうかと考えているんです。

 

パニック症の特徴に、ある部分は完璧主義、というのがあるかもしれません。だから、焦るし混乱する…。

まあ、用意することが評価される場合だってあるので、そう考えればマイナスの特徴ってだけでもないなと思います。

 

面倒だけど、来週までには何とかしなきゃ。

 

【すぐやれば、すぐすみます】

 

この言葉を唱えて、早めにやろう。長く憂鬱に思いながら過ごすよりも、さっさとやって憂鬱な気分から抜け出せた方が、精神衛生上もいいのだから!

 

では、また見学したらニートの就職活動の実況中継行いますね!

 

 

②会社見学

aoi-ai.hatenablog.com